名古屋造形大学卒展2012 デジタルメディアデザインコース

トップへ

阿部 詩織

スーパーおねぇちゃん

アニメーション

「キミのニガテがある限り、スーパーヒーローは戦い続けるのだ。」弟の悪夢と日夜戦うおねぇちゃんの物語。弟が嫌いなにんじんが悪夢となって現れ、おねぇちゃんがスーパーヒーローになって戦います。これは、画面からキャラクターが出てくることがテーマのアニメーション作品です。一般的に画面の中の出来事であるアニメを同じ空間の出来事にし、キャラクターと観客が共有する空間を展示します。好き嫌いがある人、ぜひご覧ください。 作品画像

トップへ

石津 優香

iPadで絵本を読む

アプリケーション

iPad 向けの絵本アプリを制作。従来の紙の絵本とは違い、iPad を傾ける事によって挿絵が動くなど、イベントが至ページにあります。絵本の題材は、アンデルセン童話の「赤い靴」。大まかなあらすじは、無彩色の服装で出席しなければならない場に女の子が赤い靴を履いて出席してしまい、呪いにより足が勝手に踊り出して止まらなくなってしまうというものです。挿絵やイベントによって、絵本の世界が見る人に伝われば幸いです。 作品画像

トップへ

加治屋 弘樹

i-march 〜ぼくのせかいのできごと〜

web アプリケーション

スマートフォンの普及によりHTML  5という新しいWeb 規格の利用が現実的になってきました。これにより「Web アプリ」という新たな角度でのアプローチや開発が今後、重要になるのではないかと考えました。「i-march 〜ぼくのせかいのできごと〜」はHTML  5の位置情報API を利用したアプリです。簡単な操作で自分のいる場所に情報を残したり、他のユーザーと情報を共有したり、コミュニケーションをとる事ができます。このアプリが、いつもとは違う角度で街を見たり、コミュニケーションのきっかけになればと思います。 作品画像

トップへ

小林 舞

1年間で描いてきたイラスト達

イラストの展示、映像

1年間でイラスト100 枚を目標に今まで描いてきました。今回はその100 枚のイラストを壁に展示します。イラストは人物のみにしぼって描いています。さらに、イラストの展示だけではデジタルらしさが出ないので、デジタルでイラストを描いているからこそ出来る、どういった手順で描いているのかイラストのレイヤーを一枚一枚分けて、映像としてパソコンで流す予定です。イラストの展示とパソコンを使った展示の2種類の展示をする予定です。 作品画像

トップへ

近藤 真琴

モバイルデバイス向け生物雑誌アプリの研究

Android アプリ

スマートフォンやタブレットデバイスなど、近年モバイルデバイスの急速な普及が目覚ましい。こうしたモバイルデバイス向けコンテンツの一環としてモバイルデバイス向け生物雑誌アプリを研究、開発します。テーマは「ワニ」恐竜が棲息していた中生代から唯一姿形を変えない生物であり、現在も生き続けている生物。そんなワニの魅力や神秘を1つのアプリケーションで紹介する。現在利用者が増えているAndroi dデバイス向けアプリとして開発します。生物の解説図は3DC Gによるアニメーションで、印刷物とは異なる動的な表現を目指している。 作品画像

トップへ

佐藤 舞

memory

絵本

昨年の進級展で絵本制作をしました。4年の卒業制作でも続けて絵本制作をしたいと思い絵本制作します。ストーリーは幼稚園生のみつるは無口で話しかけられてもこたえられない主人公です。クラスメイトと一緒に遊んだり、話したいと思っているけど勇気が無くていつも一人でいます。ある日クラスメイトの人気者がみつるに話しかけたことからみつるが変わっていきます。いつも一人で寂しかったみのるが毎日楽しくなりますが…。悲しい結末がみつるに待ち受けています。ぜひ絵本を手に取ってもらって楽しんでもらえると嬉しいです。 作品画像

トップへ

島崎 祐輔

The Cockroaches

アニメーション

卒展に映像作品として出展する「The Cockroaches 」は、最近ではアニメーション制作はデジタルが主流ですが、あえてアナログでの手法にこだわり、背景は鉛筆で書き込み、動画の方はボールペンとコピックで描きました。なぜ、アナログでの作業にこだわったかは、アナログでしか描けない表現があると思い、その表現を映像の中に表現したくてその挑戦も込めてアナログでの作業を選びました。この作品を見て頂いて何か感じてもらえたら、アニメーションの表現の幅に興味を持ってもらえたら嬉しいです! 作品画像

トップへ

菅村 芽衣

四季彩ものがたり

絵本

動物と色彩と季節をテーマにした手作り絵本とFlash アニメーションです。絵本は製本の方法を一から勉強し、紙の種類にこだわりました。主人公のきつねを羊毛フェルトで作ったり、グッズ作りにも挑戦しています。でしゃばりで、でも面倒くさがりなきつねですが、人間に認めてもらおうとがんばります! (ストーリー) あるところにきつねがいました。きつねは実は季節の神様なのですが、人々に注目されることがありませんでした。そこできつねは注目されようと仲間の動物たちといっしょに大騒ぎします。 作品画像

トップへ

高木 悠允

Binaural Collection

サウンドアプリケーション

「バイノーラル録音」という特殊な録音方法を使用して、様々なロケーションでフィールドレコーディングをしてきました。鑑賞